CASE42

株式会社中日新聞社

新聞記者

西川 正志さん

西川 正志

「人の想いを引き出す記者の仕事。
大学での出会いが糧になりました」

新聞記者として、行政や事件、スポーツなど幅広い分野を担当してきました。特ダネをつかんだら1日でも早く書きたい、という気持ちもありますが、本当に正しいネタか、人を傷つけたり捜査妨害になったりしていないかなど、冷静に見極める目も新聞記者には必要です。大阪芸大には、新聞記者になる専門コースはありませんが、文芸学科ならきちんとした文章を書く力をつけられます。小説や脚本などさまざまな分野の文章作成の技術も学べ、自分と異なる視点や目標を持つ人と出会える場でもありました。記者は、毎日初対面の人と話し、想いを引き出す仕事。世界を閉じず、多分野の人と知り合ったことは、今の仕事の糧にもなっています。

Profile

文芸学科卒業。
中日新聞社に入社、立川支局からキャリアをスタート。
2018年夏より東京本社社会部所属。

西川 正志

▲ 取材の必須アイテムはICレコーダー、中日新聞社のノート、
そして100円のペン

体験入学・オープンキャンパスのご案内は
こちらからご覧ください。

大学案内セットや願書、資料などを
お取り寄せできます。
大学院、専門学校の資料も
こちらからご請求いただけます。

©︎ Osaka University of Arts. All Rights Reserved.