CASE43

株式会社クリーク・アンド・リバー社

チーフアシスタントディレクター

畑 のぞみさん

畑 のぞみ

「アナウンサーの気持ちがわかる。
大学でのチャレンジが
今の強みになっています」

高校生の時に東日本大震災がありました。被災地の映像を、離れている関西まで伝えようとする制作者たちの想いを感じ、テレビ番組制作の仕事に興味を持ちました。制作コースでは、専門的な撮影機材を使って学べる環境があり、どんどん新しいことにチャレンジできます。私は将来、番組制作で関わるアナウンサーの仕事を知りたいと考え、アナウンスコースの授業も履修し、声や視線の使い方を学びました。クリーク・アンド・リバー社には、局の壁を越えて番組制作に関われることに惹かれ入社。初めて派遣された現場は、TBSテレビ「あさチャン!」。チーフADとして奮闘中です。アナウンサーの気持ちを理解しながら対応できるのは、私の強みだと思います。

Profile

放送学科制作コース卒業。
クリーク・アンド・リバー社入社。チーフADとなった今は、ADたちの業務の采配も担う。
「次の目標はディレクター昇格です!」

畑 のぞみ

▲ ディレクターをめざして新企画も提案中

体験入学・オープンキャンパスのご案内は
こちらからご覧ください。

大学案内セットや願書、資料などを
お取り寄せできます。
大学院、専門学校の資料も
こちらからご請求いただけます。

©︎ Osaka University of Arts. All Rights Reserved.