CASE40

株式会社毎日新聞社

報道カメラマン

幾島 健太郎さん

幾島 健太郎

「恵まれた環境を生かしながら、
行動を起こすことが大切」

この道をめざしたきっかけは、毎日新聞社の写真部長を務めていた原見政男先生との出会い。先生が報道現場や五輪取材について授業で話してくださり、報道カメラマンへの憧れが強くなりました。その先生と同じ会社に入社し、これまでに事件・事故や災害、スポーツ、著名人インタビューといった幅広い内容を取材してきました。学生時代は、工芸学科の友人がつくった焼き物を撮影したこともあれば、写真学科の選抜メンバーとして有名なギャラリーで作品を発表したことも。実際の事件の捜索現場に潜り込んで写真を撮ったり、タイやカンボジアに行ったりして、とにかく撮影を続けました。大阪芸大では撮影の基礎をしっかり学べるので、みなさんにはその環境を最大限に活用して、夢に向かって行動を起こしてほしいですね。

Profile

写真学科卒業。
毎日新聞社入社。
現在、東京本社写真映像報道センター勤務。2018年、台風21号の被害を受けた関西国際空港を空撮し、2019年度新聞協会賞を受賞した。

幾島 健太郎

▲ 幾島さんが撮影した関西国際空港。
朝刊1面を飾り、新聞協会賞に選ばれた

体験入学・オープンキャンパスのご案内は
こちらからご覧ください。

大学案内セットや願書、資料などを
お取り寄せできます。
大学院、専門学校の資料も
こちらからご請求いただけます。

©︎ Osaka University of Arts. All Rights Reserved.